2015年シーズン J2降格

というわけで降格しました。
気分を害される方もいるでしょうが、率直に書きます。みっともない、情けないシーズンでした。降格は十分にあると思っていましたが、残留争いを争うことなく降格するとはまったく予想できませんでした。
振り返ると大半のポイントで他のクラブチームに負けていた劣っていたという感があります。例外は営業部門ぐらいでしょうか?ようやく強化費用が上乗せされたシーズンに降格というのは、どう考えても失敗です。
とりあえず、思いつくままに気になっていたを書いてみます。

  • 強化部
    • テクニック偏重、サイズ・守備軽視の選手獲得を繰り返した。
    • 30名超のチーム編成。
    • 監督の能力を適切に図る事ができなかった。
    • 監督交代の遅れ。
  • 前監督*1
    • J1の監督を満たせる能力になかった。
    • 30名超の編成にも拘わらず、アンフェアな選手選考を繰り返した。
    • 前任者や同業者に対するリスペクトの欠けた姿勢。
  • 選手の周りの大人たち(含む有志の会)
    • 清水は強いはずという思い込み。
    • 過剰な身内贔屓と排他意識。
    • 選手を甘やかしすぎた(最たる例が下舘浩久で、選手に気に入られるため、自身の有料サイトのために、積極的にチームを分断し、選手の野心を小さくした)。
    • 選手と前監督以外へのリスペクトの欠けた姿勢。
    • 何故前監督に対しては解任アンケートを取らなかったのか、何故前々監督には最後まで支えるという姿勢を出せなかったのか。
  • 選手
    • もっとも責任があるのは選手としなければ、前には進めない。
    • 前々監督を否定して、待望の前監督で結果を出せず、現監督のもとではプレッシャーに自滅した。
    • 高い年俸をもらっているベテラン勢が総じて低調だった。悪い手本にしかならなかった。夏に臨時補強した選手がチームを引っ張るようでは不甲斐なさすぎる。
    • 終盤戦、ほぼすべての選手が、ピンチに1%の可能性を信じて全力で帰陣することができず、2点差を付けられれば試合を諦めていた。
    • 清水エスパルスに対する愛が足りないのではなく、プロ意識が足りなかった。


そして自分を含めたファン・サポーターには非はないかというとそうでもないと考えます。観戦中のため息をやめませんか?サッカーをわかっているが故に、一点やワンプレーの重みがわかっている故のため息とはわかるのですが、例えばホーム新潟戦で先制を許した後に1分ぐらいため息がスタジアムを覆っていたと思います。それで選手が奮い立つのでしょうか?ミスが多い選手の一つ一つのプレーにため息をしてミスが減るのでしょうか?
途中出場の村田がボールを持った際の盛り上がりは、村田に実力以上の力を発揮させていると思うのです。

鹿島・仙台・甲府のような帰るべき場所が明確にないこと、残留争いにも加われなかった今シーズンの内容から、まだ底に達していない気がしてなりません。来シーズンも辛いシーズンになりそうですが、苦しい時期も愛するクラブがあればこそと思って、一喜一憂しながら過ごしていきたいと思います。

*1:もし、清水がJを制覇した時に誰がベンチに座っていたら嬉しいかと質問されたら、未だに1位大榎・2位澤登って答えるんですけれどね…。

2015年シーズン第2節 アルビレックス新潟 vs 清水エスパルス

何故このようなチームになってしまったのだろうという、嬉しい驚きを隠せません。
くどいようですが、開幕前の予想が嬉しい形で裏切られています。関係者のコメントからはパスを繋ぐ美しさにこだわっているフットボールを志向しているように感じましたが、蓋を開けてみればチームは激しさと粘り強さを見せてくれています。観ていて楽しいフットボールというのは人それぞれあるのでしょうが、少なくとも必死さが伝わってくるということが最低限のように思いますし、必死さだけでも観ている人の心を打つのだと思います。左伴社長の激が効いたのでしょうか。ともかく苦手アウェーで勝ち気を失わず粘り勝ち点1をもぎ取ったことは素晴らしいことだと思います。

鹿島戦同様、流れは相手チーム。細かいパンチを繰り出す相手に対して、こちらは一発大振りがヒットすればという展開でした。現状、ボールが運べないのでそのことに不満はないです。カウンター主体で全然いいと思います。発展途上のチームなので色々改善点があるのは仕方が無いことだと思います。タフに戦いながら少しずつ改善していって欲しいと思います。
ただ、後半、ボランチが動けなくなってくるとかなり押し込まれてしまい、二次攻撃、三次攻撃を受けてしまうのが気がかりですね。ただ、ここを改善するよりもその状態から前の3~4人でのカウンターを整備したほうが早そうな気もします。

次の試合は昇格組の山雅ですが、変に受けて立ったりせずに、これまでどおりひたむきに戦って欲しいと思います。

短評

全員、ミドルシュートを練習しましょう。今のところ元紀ぐらいしか入りそうなイメージがないです。

GK 櫛引 MVP。バックパスが少なかったためリズムを保てたのかも。クロスへの対応が安定してきたのが頼もしい。ここで代表に行ってしまうのは痛い。
DF 4CB 滅茶苦茶安定していた。特に弦太は開幕戦から一変した出来映え。彼らを中心に12本のCKを危なげなくしのげたのも良かった。
MF 本田 もう一人、彼ぐらいボールを刈り取れる選手がいると劇的に良くなるんだけれど。
八反田・竹内 守備に奔走。攻撃面でも彼らが存在感を示せるようになると良いね。
村田 色々と課題も明らかになった試合。やはり守備でまったく奪いにいけないし、自陣深くで致命的なボールロストが2回。ただ特に前半、彼がいないとまったく攻撃にならなかったのも事実。
FW 長沢 大前が下がった後半は過労死しそうな勢いだった。八反田からのクロスからのターンは素晴らしかったけれど、シュートは抑えたかった。
大前 悪くなかったと思うけれど、確かに裏抜けは少なかった。
ウタカ 今後に色々と期待してしまう出来。視野が広く攻撃面では何でもできる印象。ハイボールに体を張ってくれると非常に助かるんですけれど、どうでしょう?課題は大前との共存で二人共センターのポジションが良さそうで、長沢が外せないのが悩ましい。
デューク CFWで起用されて弱点が顕になった感じ。体を張れない、チェイシングを頑張らない、足元が不安定。現状ではスペースがないと活きないか?日程や移動、日常生活含めて、Jに慣れていないだけだと良いのだけれど。
その他 スカパーさん 新しい試みは歓迎するけれど、枠内シュートは止めようよ。あるいは総シュート数(枠内シュート数)に。ぱっと見の塩試合感が半端ないです。
審判団 前半の基準は厳しすぎて、後半は流しすぎた。試合中は統一して欲しいです。
チャンス数
新潟 清水
前半 後半 前半 後半
ルーパス 1
クロス 1 2 2 1
個人技 1
コンビネーション 1 1
ミドル&ロングシュート 1 2
ロングボール
セットプレー 1 2
その他

2015年シーズン第1節 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ

もちろん清水の勝利を願っていましたが、惨敗まであると思っていた開幕戦でした。昨シーズンの内容もさることながら、NYCやPSMを見てもただバラバラの11人がいるだけのようなチームで、こんなに期待がない開幕前というシーズンは始めてでした。良くなるとしても早くて5月以降、下手をすると2ndステージ以降、それまで士気を維持できるのか?失った勝ち点は挽回できるのか?開幕前なのにとにかく残留してくれればそれだけしかなかったです。
そんな感じでしたので2014年シーズンのまとめも今シーズンのこともネガティブなことしか思いつかず、そんなの文章にしても楽しくないなと悶々としていて、それでもNYCの内容から熱が感じられなくて怖くて怖くて書いたのが前のエントリーでした。

そして蓋を開けてみれば見事な勝利ですよ!鹿島がフルメンバーを揃えられなかったことは大きかったと思いますが、選手達がピッチで見せてくれたプレーは掛け値なしに素晴らしいものでした。熱がないなんてとんでもない。随所に気持ちが感じられるチームでした。

何が原因だったのでしょう?監督でしょうか?選手達でしょうか?会社組織の変更でしょうか?それとも満員の観客でしょうか?そのすべてがこの試合をもたらしたのかなと思います。
NYCではまったく組織が感じられず正直その手腕に疑問を覚えた大榎監督ですが、少なくともチームのメンタル面の改善に成功していると思います。ここ最近試合中の選手同士の会話が増えているのはとてもよい傾向だと思います。また、この試合で選手達が見せたテンションは、モチベートが上手くいったのだと思います。
昨シーズン後に最終戦の甲府戦のように球際に強く行こうと話していた選手達がNYCで見せたプレーぶりは非常に落胆しましたが、この試合ではまさに有言実行という感じでした。同点ゴール時の三浦や、犬飼の前足ブロック、八反田の強いプレーぶりは象徴的だったと思います。

素晴らしいスタートでしたが、大事なことはこの気迫・激しさを継続すること。継続できれば、残留は固いと思います。
改善点はたくさんあります。まだまだボール運びは拙いですし、得点シーン以外では最終局面の精度も低かったです。後半は運動量の低下とともに守備の圧力が激減していきました。勝ち負けを繰り返しながら改善していって欲しいと思います。

短評
GK 櫛引 シュートストップは悪くなかったけれど、キックの精度は残念なレベル。もっとも手近なパスコースがCBの2枚しかなくて、そこに相手が1枚ずつ付いているので、チームの問題とも言える。頑張れクッシー、頑張れ急造SB。
DF 三浦 1対1で金崎に後手を踏むのは致し方がないとしても、金崎に2本ヘディングシュートを許したのは頂けない。前半のCKからのカウンター食らった時に最後にマークを外したりと、ちょっと課題が多い出来。
ヤコビッチ 良くも悪くも飄々としたプレーぶりは今シーズンも健在。犬飼の前足ブロックのシーンではアピールを優先してしまった。
平岡 交代にはヒヤッとしたが、今シーズンも彼が守備の柱。安定していた。
犬飼 良いプレーと悪いプレーがはっきりわかれた印象。弦太もそうだが、頑張ってSBを努めて欲しい。
MF 本田 殊勲の勝ち越しゴール!攻撃では時間をつくり、守備では二列目の飛び出しによく付いて行っていた。
八反田 こんなに球際で頑張れる選手とは思ってもいなかった。今シーズンに賭ける意気込みが伝わってくる内容。そして先制点のアシスト。報われて良かったね~。
竹内 攻撃面では良さを出せず。守備で奮闘していたけれど、彼も今のポジションをものにするには大変そう。
村田 立ち上がりはボールが足についてない感じだったが徐々にアジャストして2アシスト。ドリブルだけではなく、クロスの質が高いのが本当に素晴らしいと思う。
FW 大前 2得点でエースの仕事を果たす。長沢と同様、守備でもチームを助けた。3点目はシュートそのものもゴラッソだけれど、村田に起点となるパスを出しておきながら、フィニッシュシーンに顔を出したのが素晴らしかった。
長沢 彼がシーズン通して活躍できるのかがチームの浮沈を握ると思う。守備、体を張ったプレー、スペースメイキングなどでチームに貢献。
デューク 思っていたより視野が広く、思っていたよりエゴイスティックではなかった。チャンスの一つ手前のプレーで輝く。残念ながら、聞いていたよりは守備を頑張らない印象。
番外 アイスタ なんであんなに滑るん?
審判団 決定的な誤審が複数回。彼らにインタビューできたり、彼らからもコメントが発信できるようになるといいなぁ。
チャンス数

とりあえず出来る限り集計していこうかと思います。

清水 鹿島
前半 後半 前半 後半
ルーパス 1
クロス 2 1 1 4
個人技
コンビネーション
ミドル&ロングシュート 1 4 1
ロングボール
セットプレー 1
その他