2015年シーズン J2降格

というわけで降格しました。 気分を害される方もいるでしょうが、率直に書きます。みっともない、情けないシーズンでした。降格は十分にあると思っていましたが、残留争いを争うことなく降格するとはまったく予想できませんでした。 振り返ると大半のポイン…

2015年シーズン第2節 アルビレックス新潟 vs 清水エスパルス

何故このようなチームになってしまったのだろうという、嬉しい驚きを隠せません。 くどいようですが、開幕前の予想が嬉しい形で裏切られています。関係者のコメントからはパスを繋ぐ美しさにこだわっているフットボールを志向しているように感じましたが、蓋…

2015年シーズン第1節 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ

もちろん清水の勝利を願っていましたが、惨敗まであると思っていた開幕戦でした。昨シーズンの内容もさることながら、NYCやPSMを見てもただバラバラの11人がいるだけのようなチームで、こんなに期待がない開幕前というシーズンは始めてでした。良くなるとし…

清水エスパルス、気になること

本当に外国人選手が来るのか疑わしくなってきた時に、優秀そうな外国人の補強ニュースが飛び込んで来ましたね。しかも二人も! これまで元紀かレギュラーでないなんて想像だにしませんでしたが、組み合わせ次第ではそういうこともあり得るのかなと思います。…

2014年シーズンを振り返って~フロントと監督編~

選手の編成にどの程度監督とかの現場の意向が反映されているのか、クラブによって異なるのでしょうが、我等が清水エスパルスの場合どうなっているのか気になります。 選手編成 残留争いを繰り広げる中で強く感じたことは選手編成が偏っているということでし…

2014年シーズンを振り返って~フロント編~

辛いシーズン、でも最低限の結果は残せたシーズンでした。 多くの関係者が発言していますが、この経験を無にしないこと、少しでも気を抜いたら来期も残留争いに巻き込まれてしまうと思います。 今シーズン、応援していて感じたことを何回かに分けて書いてい…

静岡/清水のサッカー

今シーズン、監督交代や残留争いをしている最中で、静岡のサッカー、清水のサッカー(以下、「清水のサッカー」とします)という言葉を時折聞きました。 これらの言葉は何を指しているのでしょうか?最大公約数的な何かが存在するのでしょうか? 大榎監督の…

2014年シーズン第28節 横浜F・マリノス vs 清水エスパルス

何度目かもわからない今期ワーストの内容で完敗。一方で大宮・仙台・甲府が勝ち点を上積みしたことでより苦しい状況に追い込まれてしまいました。 横浜と清水は似たようなフットボールを志向していると思います。前からのプレス・高さではなく平面主体、です…

2014年シーズン第27節 清水エスパルス vs セレッソ大阪

突如、地獄のような職場に放り込まれて気づけば愛するチームは降格圏に。その間もできる限り試合は観てましたけれど、ちょっと疲れきっている状態で何か書こうとは思えない試合が続いていて、更新をサボっていました。 ようやく一区切りついたので、またボチ…

2014年 前半戦を振り返って

2014年シーズンも中断期間を迎えました。今シーズンも悲悲悲喜こもごもなシーズンとなっていますが、感じたことを書いていこうと思います。 まずナビスコカップの最後2連戦での無残な姿が気になっています。同じ一方的・大量失点で負けるにしても負け方があ…

2014年シーズン第14節 清水エスパルス vs ヴィッセル神戸

前節に続き数多あるチャンスを1度しかものに出来ずに悔しい引き分けでした。 誰もが指摘するようにチャンスを逃したのは、最終局面の精度の問題でした。基本的なスキル不足という面もあるのでしょうが、コンディション不足・自身(余裕)の欠如といった側面…

2014年シーズン第13節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

TVでザッケローニが抜かれる度に、傍らにあった飲み物がサッカー日本代表公式飲料である午後の紅茶でなかったことが気になって仕方がありませんでした。 3連敗の後に迎えたディフェンディングチャンピオン広島との一戦ですが、兎にも角にも引き分けて連敗を…

2014年シーズン第12節 アルビレックス新潟 vs 清水エスパルス

まさかまさかの結末で3連敗、勝ち星的にも負け先行となり、しんどい状況です。長沢不在後に色々と試行錯誤していますが、この試合の亜人夢1トップはその中でももっともしっくりくる感じがありました。献身的に動けること・スペースやギャップで受けられる選…

2014年シーズン第11節 清水エスパルス vs サガン鳥栖

連戦3戦目はGWのホームゲーム、大勢の観客の前で勝利を得て欲しかった試合ですが残念ながら敗戦、上位との距離も開いてしまいました。 試合は球際の激しい展開の中でお互いが攻め合うという面白い内容で進んだのですが、前半終了間際に鳥栖が素晴しいミドル…

2014年シーズン第10節 鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス

勝てば首位の鹿島を勝ち点で上回れる試合でしたが、残念ながら敗戦となってしまいました。敗因の一つは、鹿島をリスペクトしすぎた・自分たちに自信を持ちきれなかった点があると思います。 村松のトップ下の起用や選手のナーバスな表情など、監督・選手全体…

2014年シーズン第9節 清水エスパルス vs ベガルタ仙台

個人的には今期2試合目のホームゲームにして、ホーム初勝利を味わうことが出来ました。最初に、パルちゃんショーの長沢コールの呼びかけと勝ちロコ時の背番号9シャツを身に付けた選手たちにはウルッとさせられました。入場時にも背番号9シャツを着ていたよう…

2014年シーズン第6~8節振り返り

Jリーグで初対戦となる徳島戦は0-4で快勝、これでリーグ戦3連勝、公式戦4連勝となりました。5節の手痛い敗北からずるずると落ち込むこと無く、勝ちを重ね這い上がったことは素晴らしいと思います。 この3連戦で興味深かったのはゴトビの采配。終盤5バックで…

2014年シーズン第5節 清水エスパルス vs FC東京

今期初の生観戦、もちろんホーム初参戦だったのですが、残念ながら結果は今期ワーストと思えるものでした。 全体的な印象としては観客・選手・主審が冷静さを失っていき清水はチャンスを逃した、方や東京は幸運や褒められない場外戦もあったと思いますが、ひ…

2014年シーズン第4節 浦和レッドダイヤモンズ vs 清水エスパルス

はじめに まず、ご存じない方は試合終了後の両チームの監督の言葉を読んでいただきたいと思います。 方や祖国が消滅し、方や祖国から亡命した二人の言葉です。今回の件について語るに最もふさわしい方々だと思います。 【J1:第4節 浦和 vs 清水】ペトロヴィ…

ナビスコカップ2014 清水エスパルス vs ベガルタ仙台

最初にセレッソについて少々。心がへし折れそうな敗戦でした。開幕前に掲げられた開幕5試合で勝ち点10という目標が達成できなくなったこと、試合内容が芳しくなかったこと(同じような失点シーン・蹂躙された後半)などが主因なのでしょうか。今年の清水は上…

NO RACISM

「JAPANESE ONLY」の断幕が掲げられて3日が経過しました。 事件について まず、あれは差別でした。「そんな意図はない」と差別を否定する意見もありますが、議論するつもりもありません。 サガン鳥栖戦における埼スタゴール裏ゲートでの人種差別的弾幕につい…

2014年シーズン第2節 清水エスパルス vs 横浜Fマリノス

ここを勝てば勢いに乗れる、そして去年の借りを返したいホーム開幕戦でしたが、結果は0-1と敗北に終わりました。 試合内容は、典型的なゴトビのチームの悪いパターンでした。前からのプレスがかからずDFラインへの裏へボールを供給され後手後手に回るという…

2014年シーズン第1節 名古屋グランパス vs 清水エスパルス

2007年の神戸戦以来、7シーズンぶりとなる開幕戦勝利(しかもアウェイ!)でした。特に開始10分ぐらいは名古屋が積極的に前から来たこともあって落ち着かない展開だったのですが、幸先良く1チャンスを決めて先制、これで落ち着くのかと思いきや、ズルズルと…

開幕前夜に

いよいよ2014年シーズンのJリーグが開幕します。 今シーズンの清水エスパルスに期待している人は多いと思います。かく言う自分もその一人です。多くの選手が残留し、開幕前のPSMでは多くの新戦力が期待通り・あるいはそれを上回る結果を残しました。少なくな…

2014年シーズンの補強について

2014年もよろしくお願いします。 ※ 今更ながら従来の文体がしっくり来ないので、変えてみます。また変えるかもしれません(汗)。 * * *11/15の新体制とそれに伴うリリースが発表され、2014年シーズンに挑む陣容は基本的に確定したと考えて良いと思います…

2013年シーズンを振り返って

林 彰洋(14試合出場(先発:14), ゴール:0, アシスト:0, 警告:1, 退場:0) FC東京戦以外は安定した出来だったと思う。個人的には清水の21世紀最優秀GKは今のところ彼だと思っているので、契約期間の短縮からのレンタル移籍は非常に残念。失点シーンに納得感があ…

ゴトビ戦術について

どこかでゴトビ戦術についてまとめられたら良いなと思ってはいたのだが、m_maruさんが遥かに上手にまとめているのでリンクを貼っておく。 ゴトビサッカー考察その1~サイド偏重について(前編) | m_maruのエスパルス観戦日記 | スポーツナビ+ ゴトビサッ…

ゴトビ監督の続投によせて

すでに旧聞に属するが来期のゴトビ監督の続投が発表された。喜ばしい限りである。 自分がゴトビを支持する理由は大雑把に言って以下の3つの理由からである。 勝てる監督であるから 選手を初めとしてチームから認められている(ように見える)から チームを育…

2013年シーズン第31節 川崎フロンターレ vs 清水エスパルス

等々力陸上競技場に吹き付ける風の寒さが身にしみるような完敗。前半は中盤のミスマッチからかフリーでボール持たれる→ワンツーのポストプレーで崩されるというシーンが多発。相手ボールホルダーの前に立つより追走するシーンが目立った。また試合を通してだ…

2013年シーズン第30節 ジュビロ磐田 vs 清水エスパルス

磐田が降格の危機に瀕していることもあっていつも以上にテンションが高かった静岡ダービー。満員のヤマハスタジアムで両チームの応援がこだまする最高の舞台で、両チーム共に気持ちのこもったインテンシティの高い好ゲームを見せてくれた。今期のベストゲー…

数字で見る夏の補強の効果

自分がゴトビを評価している理由の一つは今期の前半戦の戦いぶりで、出だしこそ泣きたくなるほどの惨状だったが、柔軟に戦術を変更して中断前(13節終了時点)にはチームを9位に導いたことである。開幕前はアレックスと大前が抜けた穴は大きく、残留争いに巻…

2013年シーズン第29節 清水エスパルス vs サガン鳥栖

ノーガードの打ち合いを制して残留確定。 ラドンチッチと本拓が出場停止となったこの試合、代わりに先発メンバー入りしたメンバーは翔と村田。GKを除く先発メンバー10人中4名しか守備の選手しかいない布陣でどうやって守るのだと危惧したが、予想以上に守れ…

反則ポイント

Jリーグの悪名高きルールと言えばベストメンバー規定であるが、個人的には反則ポイントもどうなのかと思っているルールである。ちなみに我らが清水エスパルスは、 2011年シーズン → 92点(ワースト2位) 2012年シーズン → 142点(ワースト1位) 2013年シーズ…

優勝を目指すチームには何人必要?

我らがゴトビは毀誉褒貶が激しく、評価している人間とそうでない人間の落差が大きい監督である。 ゴトビを支持・擁護する人物(自分は一応そのつもり)が、評価する際によく使う根拠の一つは今の戦力でよくやっているというものである。一般に順位と人件費が…

2013年シーズン第28節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

未だに呆然としているので、手短に。試合は、横浜戦に続いて首位争いをしているチームには魔力があるのだろうかという、なんでスーパーなミドルシュートが2本もと愚痴りたくなるような試合だった。 プラン通りに進められた試合だったと思う。時間が経つにつ…

2013年シーズン第27節 清水エスパルス vs ヴァンフォーレ甲府

ハラハラドキドキの勝利。好調甲府に対して内容は今一つだったが、悪いなりに勝利を収めることができたことは素直に嬉しい。それにしても、毎度毎度の立ち上がりの悪さである。俊が抜かれる→河井が裏を取られる→平岡がかぶる→パトリックに誰も付いていないと…

2013年シーズン第26節 横浜F・マリノス vs 清水エスパルス

三度、ポストとクロスバーに阻まれての1-0の敗戦。負けはしたがうつむく必要はない、最後までよく戦ったゲームだった。 悔やまれるのは毎度の立ち上がりの悪さ。三ツ沢の壊滅的な芝の悪さ、横浜の積極的な立ち上がり(驚異的なプレスだった)もあって、自分…

2ステージ制とポストシーズンの導入について

Jリーグが2015年シーズンからポストシーズンを導入することが決まった。率直に言えば、これにより清水がJリーグを優勝する可能性は高まるとは思うが、不愉快だし、反対である。 個人的な思い 第一に、年間最多勝ち点獲得チームこそが王者であると考えている…

2013年シーズン第25節 清水エスパルス vs 名古屋グランパス

劇的な勝利で3連勝。名古屋の肉体的な強さに何度もピンチに陥ったが、それを凌ぎに凌いで、劇的なロスタイムのゴール。最後の時間帯で失点が多いチームがロスタイムで決勝点、先制しないと勝てないチームが再びの逆転勝利と、チームの地力向上を感じさせる試…

2013年シーズン第24節 大分トリニータ vs 清水エスパルス

最後は締まらない終わり方であったが、とにかく連勝。近2試合は柏も広島も勝ち点1しか取れなかった大分銀行ドームでの試合・過密日程などを考えると、十分な結果であろう。これで勝ち点32に浮上、ほぼ残留を確定したと言っても良いだろう。そしてJ1通算勝利…

2013年シーズン第23節 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ

感動的な大逆転劇。 あっさりと、そして不用意に2失点したが、ただ失点シーン以外は悪くないという評価しづらい立ち上がり。1対1の優位・劣勢がはっきりした前半だった。先制点を含めて吉田は遠藤に完全に後手に回っており、梅鉢・前野に対して大前・石毛は…

浦和戦の爆竹事件について

まず、清水にもダメなファンがいることは明言しておく。 ただ浦和ファンのやっていることは、前回の監禁と言い今回の騒動といいやっていることのレベルが酷すぎると思う。いい加減、Jリーグには勝ち点剥奪・無観客試合などの厳罰をもって処して欲しい。ああ…

2013年シーズン第22節 清水エスパルス vs 浦和レッドダイヤモンズ

今シーズン、エコパスタジアムでもっとも多く試合をするチームは浦和であり、エコパは清水のホームでは無いというネタが試合前に駆け巡ったが、審判の笛がアウェーな残念な試合だった。清水のPKは取らない、浦和のファールにイエローカードを出さない。ゴト…

2013年シーズン第21節 セレッソ大阪 vs 清水エスパルス

本拓・ラドンチッチ・大前が加わって期待感が高まった状態での一戦だったが、手痛い敗北を喫した。 まず、本拓と浩太が欠場したのが痛かった。そしてラドンチッチの負傷退場。重症だとすると、またシーズンの目標が脱降格に逆戻りになってしまう。軽症だとい…

2013年シーズン第20節 清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ

降格争いに巻き込まれないために本当に本当に大事な一戦だったが、見事勝利。縦に早い湘南は相性が良くないと思っていただけにホッとしたというのが正直なところ。 ずっとキープの出来るフォワードが最前線に欲しかった。清水の2列目には上手い選手が多いが…

2013年シーズン第19節 アルビレックス新潟 vs 清水エスパルス

勝てない新潟戦はまたしても敗北。 新潟戦はいつも我慢勝負で、新潟は清水のミスを誘発するようなプレーを仕掛けてくるが、耐え切れずに敗北というイメージ。川又の裏抜けと、それを脅威に繋げられる田中達やレオ・シルバといった実力者達の存在によってさら…

2013年シーズン第18節 清水エスパルス vs FC東京

しょっぱい、熱い、イライラする、もどかしい、ほっとする…複数の相反する感情を覚える試合だった。 最終的にはバレーの移籍と出場停止2人というレギュラー3名を欠いた状態、かつ退場者が出た試合で勝ち点1を獲得したことは悪くない結果だと思う。名古屋と新…

2013年シーズン第17節 柏レイソル vs 清水エスパルス

スタッツ・試合内容的には大敗もありえた試合、試合展開-特に失点した時間帯を考えると勝ちたかった試合は、引き分けとなった。 キジェが欠場し、キャラが左SBに、浩太が左CBにスライドした布陣で挑んだ前半は、これ以上ないではないかというレベルで一方的…

2013年シーズン第16節 清水エスパルス vs 大分トリニータ

再開後初勝利。そして個人的今期生観戦初勝利。とにかくめでたい。 勝因は、大分のファンには申し訳ないけれど、選手の質の差。名古屋戦・鹿島戦では劣勢だった個々の戦闘力が、この試合では常に優位に立っていたと思う。仮に前線の選手が名古屋・鹿島と同等…

2013年シーズン第14節 名古屋グランパス vs 清水エスパルス

待ちに待ったJ1再開だが、その初戦を勝利で飾ることは出来なかった。 立ち上がりは4-1-4-1だったが仙台戦とは似て非なるものだった。中盤の4枚と最終ラインの間が間延びして、アンカー脇を使われ放題であえなく失点。 ただゴトビの対応は早かった。4-4-1-1に…