読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年シーズン第16節 清水エスパルス vs 大分トリニータ

再開後初勝利。そして個人的今期生観戦初勝利。とにかくめでたい。
勝因は、大分のファンには申し訳ないけれど、選手の質の差。名古屋戦・鹿島戦では劣勢だった個々の戦闘力が、この試合では常に優位に立っていたと思う。仮に前線の選手が名古屋・鹿島と同等であれば、前半をビハインドで折り返した可能性もあった。
褒めてあげていいと思うのは、後半、右サイドを完全に制圧できたこと。杉山・竹内・吉田のトライアングルから面白いようにチャンスを量産した。また、圧倒しているのに無得点が続く試合展開になったにもかかわらず、決めるまで攻め続けられたのはチームとして少しは成熟したと言えるのではないだろうか。
逆に失点シーンは全般的にプレーが軽かった。DF陣を中心に、零封できなかったことを猛省して欲しい。

短評
GK 中断前に比べて繋ぐプレーを意識していたのはとても良かったと思う。フィフティ・フィフティのボールが確実にマイボールになるのは大きい。3点目の起点となったパスは意図的なものであればとても素晴らしかった。
DF 吉田 勝利の立役者の一人。足りないのはアシストという数字のみ。失点シーンは反省を。
平岡 前半に2回ほど危ないシーンがあったが、それ以外はスーパーな出来。
キャラ 安定した出来映え。前半はキャラと浩太のロングフィードぐらいしか攻め手がなかった。
キジェ 失点シーン含めてボールの落下点の見極めが悪い。もっとも前半のクロスをバレーが決めていればヒーローだったかもしれない。
MF 浩太 MVP。ボール奪取もパス出しも目立っていた。このプレーをプレッシャーの厳しい試合でも出せるかどうかが彼の課題。
村松 攻撃時に彼のところでボールの流れが途切れる。守備力と得点力は買うが、案外、スタメン争いのボーダーライン上なのかもしれない。強烈なミドルシュートはビックリした。
竹内 竹内がボールに絡むと楽しい。そして周囲の信頼も高まっていると感じられた。でも前半の裏への抜け出しを何度も試していたのにもかかわらず、ほとんど使われなかったのは反省して欲しい。
河井 一人だけオフサイドルールがラグビー。視野と技術を兼ね備えているのにもったいないと思う。ここ2試合シュートの意識が高まっていることと、3試合連続アシストは素晴しい。
六平 パスを出した後の動き出しの質が悪かった。交代選手だから運動量でチームを盛り上げて欲しい。
FW 相手がボール保持を放棄するとあまり輝かない。
バレー 強さで相手DFを圧倒して起点になっていた。欲を言えばゴールが欲しかった。