読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年シーズン第17節 柏レイソル vs 清水エスパルス

スタッツ・試合内容的には大敗もありえた試合、試合展開-特に失点した時間帯を考えると勝ちたかった試合は、引き分けとなった。

キジェが欠場し、キャラが左SBに、浩太が左CBにスライドした布陣で挑んだ前半は、これ以上ないではないかというレベルで一方的な柏のペース。それでも林を中心としてよくしのいでいたのだが、終了間際に痛恨の失点。
キャラの左SB云々以前に、柏の3-4-3はSHが上がり3-2-5という形になることが多かったが、5トップを4バックで迎え撃てば一人FWが余るのは道理。右のアウトサイドの選手(主にキム・チャンス)をフリーにすることが多く、何度もチャンスを作られていた。フィジカル的に押し込まれたのかロングボールにほとんど競り勝てなかった*1
気になったのは、立ち上がりの立ち上がりは大分戦の良かったイメージを受け継いでプレーしているように見えたのに、ミスと相手CKから押し込まれ始めたことと、ボールを奪っても数的優位である中盤でボールを繋ごうとせずパスミスが目立ったこと、失点したとは言え六平がビッグチャンスを作り出した以降はそれなりに戦えていたこと。これらを鑑みると、相手があることとは言え、気圧されたように感じた。失点した時間帯含めて、このチームはまだまだメンタル的に弱いと感じる。

ネルシーニョ対ゴトビの対決は、前半はネルシーニョの完勝だったのだが、後半ゴトビが巻き返す。と、偉そうに書いてみたのだけれど、ラインが高くなったことと重心が少し左寄りになったのはわかったのだが、他にはどんな対策を打ったのだろう?こういうことがすぐに分かる人はフットボール観ていて楽しいだろうな。
ともかく、あっという間に2得点。ターニングポイントは、ここで3得点目が奪えなかったこと。良いカウンターができていただけに止めを刺したかった。
最後の同点弾は工藤を褒めるべきだと思う。さすが代表という敵ながら見事な一撃だった。

逃げ切って欲しかったと心底思うが、苦手柏を相手にアウェーで勝ち点1はポジティブな結果だし、負けが先行したとは言え再開後4試合の内容は決して悪く無いと思う。リーグ折り返し地点で勝ち点22も全然悪くない。このまま残留争いに巻き込まれずにリーグを乗り切って欲しい。願わくば賞金圏内へ。

短評
GK MVP。素晴らしいセービングを連発した。
DF 吉田 押し込まれると辛い。
キャラ 前半の苦戦はミスマッチが原因。ただ珍しく短いパスでもミスが多かったのは頂けない。
MF 竹内 前半に何度か素晴らしいキープ力で輝くも、全体的に低調。壁に当たっている感あり。早急に乗り越えて欲しい。
六平 ボールを持つと面白いが、使われるプレーが上手くない。スペースに走ろう。
村松 同点ゴールはトラップから飛び込みまで素晴らしかった。彼の適性ポジションはどこなのだろう?
河井 前半はキム・チャンスを見て欲しかった。後半は前方へのパス・ドリブルとやれば出来ることを示した。2試合連続2アシスト。再開後4試合6アシストは立派過ぎる数字。2週間の中断を最も恨めしく思っているのは彼かもしれない。
FW バレー 大分戦に続いてチャンスがあったのに無得点に終わった。守備でも動かず、相手が安定してロングボールを提供する一因ともなった。久々の日本の夏にバテたか?なんとかコンディションを戻して欲しい。
待望の流れの中からのゴール。結果を自身に繋げて欲しい。
監督 ゴトビ 高さを気にして交代を遅らせるのであれば、やはり瀬沼をベンチに置いておくべきだと思う。少なくとも竹内は、八反田や純平あたりと交代させるべきだったのでは。それぞれ、どういうシチュエーションを想定して、個々のベンチメンバーを選んでいるのか、嫌味ではなく聞いて見たいものだ。

*1:柏の選手は皆がっちりしていてびっくりする。清水の食事とかフィジカルトレーニングはどうなっているんだろう?