読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年シーズン第20節 清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ

降格争いに巻き込まれないために本当に本当に大事な一戦だったが、見事勝利。縦に早い湘南は相性が良くないと思っていただけにホッとしたというのが正直なところ。

ずっとキープの出来るフォワードが最前線に欲しかった。清水の2列目には上手い選手が多いが、一人で試合を支配できるほど上手い選手はいない。フィジカルに優れた選手たちではないから、潰されることのほうが多い。だが前線にキープ力のあるフォワードがいれば、彼らのテクニックが輝くと思っていた。味方を叱咤できるメンタリティも含めてラドンチッチはまさに待ち望んだ選手だった。*1
開幕時には機能していなかった3ボランチも今日は(守備面でもう少しと思わないでも無いが)機能していたと思う。本宅が真ん中にいると安定感があるし、竹内のポジショニングは味があったと思う。
ここからはセレッソ、浦和、鹿島と厳しい対戦が続く。切望していたフォワードを手に入れ、そして大前の復帰が確実視される状況で、どこまでやれるのか見てみようと思う。

湘南について

今期、観てきたチームの中で清水以外のチームの中でもっとも気に入っているチームが湘南である。
乱暴にまとめると、全員守備・全員攻撃、とにかく攻守に人数をかける。走ることを全くサボらない。今回の試合でも、記録的な猛暑の中で彼らは走りきった。清水から見て、キリノの移籍はラッキーだったと思う。

短評
GK 櫛引 いつもどおりパスの判断と精度がよろしくないが、いつもどおりのビッグセーブでチームを救う。林とのスタメン争いはより激しくなりそう。そして来期高木和が加入するとなると、一体どうなってしまうのだろう?近い将来、櫛引か林がチームを離れるのだろうが辛い。
DF 吉田 サイドを駆け上がるだけではなく、中に切れ込んでも好パスを連発。いい加減、吉田のクロスにアシストを付けてあげたい。守備は丁寧に。
平岡 失点シーン、中盤で2対1だっとはいえ、淡白に交わされ淡白な追走。
MF 竹内 フリーな味方を的確に使いリズムをもたらした。だが自身が決定的な働きをしようという意識が少ないと思う。もっとチャレンジを。
村松 攻撃面は置いても、最近の村松は守備が淡白なのが気になる。エネルギッシュにボールを奪いきるという姿勢を見せて欲しい。
河井 良い調子をキープしているが、いい加減ゴールが欲しいはず。「ミドルシュートとか練習してないんで感覚が無い」など言っている場合ではない。
村田 祝初ゴール。加入直後に比べて、ボールを持っていなくてもゲームに参加できるようになってきた。
FW 開幕直後の自らのゴール・アシストにしか興味が無いような姿勢が消えて、攻守に頑張っていた。そして2アシスト。ゲームを決められる選手であることを示した。
ラドンチッチ 空中戦・地上戦で大活躍、そして2ゴール。ボールの落下地点の予測が素晴しい。交代が怪我でないと良いのだけれど。
ラドンチッチと比べると可哀想だが、良いボールキープと反転を見せる。3点目では素晴しいデコイランを見せる。ただゴール運を持っていない。

*1:もうこの時点で買取オプションを行使しても良いと思う出来映えである。いくら掛かるのだろう?