読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年シーズン第21節 セレッソ大阪 vs 清水エスパルス

本拓・ラドンチッチ・大前が加わって期待感が高まった状態での一戦だったが、手痛い敗北を喫した。
まず、本拓と浩太が欠場したのが痛かった。そしてラドンチッチの負傷退場。重症だとすると、またシーズンの目標が脱降格に逆戻りになってしまう。軽症だといいのだが。

村松をアンカーに据えての4-1-2-3で挑んだが、この試合に限って言えばゴトビは責められても仕方がないだろう。攻守に渡ってチームが機能しなかった。主力メンバーがガラッと変わって、かつ主力メンバーが欠けるなど、大変なことはわかるのだが、もう少しやることを整理してチームを送り出さないといけない。

  • 前プレからボールを奪うゲームプランのように見えたが、プレスをかけるのが竹内と河井のみ。大前・俊がパスを狙っていないし、ラドンチッチは守備免除されているので、竹内と河井の頑張りはほぼ無駄走りになっていた。4-1-2-3の2が前に出ているのに、ウイングがそれより後ろで突っ立てるのは無茶苦茶である。
  • 攻撃は中央から攻めるのか外から攻めるのか徹底されていなかった。せっかくラドンチッチというストロングポイントが出来たのに、外から攻める意識が薄かったのは残念。外からの攻撃があって初めて中央が空く、順番を間違ってはいけない。
  • 早く馴染ませたかったのはわかるが、大前の起用は時期尚早だった。とにかく運動量が少ない。
  • 最後の石毛の投入は遅すぎた。チームは相当無理して走っていたので、石毛でも六平でもいいから運動量を補うべきだった。


しかし、上に挙げた問題は時間をかければある程度は解決すると思う。試合もスコアよりかなり戦えていたとは思うし、勝負事に勝ち負けは付きものなので敗北も致し方がないとは思う。返す返すもラドンチッチの負傷具合が心配である。

短評
GK 櫛引 林がいなくなって初めてのゴールマウスだが、いつもどおりのプレー。4失点は彼の責任ではない。彼の課題はいつもと同じでキックの質と判断。
DF 吉田 彼を走らす良いパスがなかった。そうなると良さが半減。
キャラ はっきり言って審判に助けられた。退場していてもおかしくない出来。
MF 村松 中盤で使うのであればやはりアンカーが良い。
河井 ビルドアップの時に位置が高すぎて、仕掛けるシーンではラドンチッチの近くにいなかった。ポジションが変わってアジャスト出来なかった印象。最近の試合では良くなっていた仕掛ける姿勢が薄れて見えたのは残念。
竹内 頑張ってプレッシャーをかけていた。ただパスの精度・質はあまり良くなかった。裏に抜ける俊に出したパスは良かった。
FW ラドンチッチ 悪い時間帯でボールを受けに下がってしまっていた。もっとボックス内に張っていた方が良いと思う。
大前 待望の復帰ゲームだったが、違いを見せるどころか足を引っ張ってしまった。自分が決める意識が強すぎた。チームの為に走らなければならない。
高木 大前と共に中に入りすぎて、リズムを失う一因となった。
追記

試合終了後に、選手に水かけた人間はサポーターと名乗ってはいけないと思う。わざわざ現地に行って応援してのあの結果は辛いのはわかるが、苦楽を共にしなければ。苦しい時こそ応援しなければ。チームから選手が離れることを後押ししてどうする。