読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年シーズン第28節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

未だに呆然としているので、手短に。

試合は、横浜戦に続いて首位争いをしているチームには魔力があるのだろうかという、なんでスーパーなミドルシュートが2本もと愚痴りたくなるような試合だった。
プラン通りに進められた試合だったと思う。時間が経つにつれて主導権を渡し、押し込まれる時間が増えたが、逆に危険なシーンは減ってきた。今のチームはカウンターも強力だし、押し込まれる我慢比べも悪くない。先制までは理想的な展開だった。

が、しかし冗談のようなスーパーミドルが決まって試合は振り出しに。選手たちも呆然としたのではないか。試合はオープンになり、もう一つスーパーミドルが炸裂&ダメ押し点を決められた。久しぶりに先制して、そういった試合の進め方が不慣れだったのかもしれない。
公平に言えば、広島は野津田とミドルシュートというギアを一つ残していて、そういうチャレンジをできるチームだったということだろう。ただ清水の選手たちからは、逆転されてからも2点差になってからも諦めを感じなかったのが良かった。着実にチームは強くなっている気がする。

次節は相性の良い鳥栖戦だが、ラドンチッチと本拓が出場停止。どういう組み合わせをゴトビが選ぶかわからないが、控えメンバーの奮起を期待したい。

短評
GK 櫛引 3失点よりも、前半は雨もあって非常にナーバスに見えたのが気がかり。強気は魅力だけれど、その強気が自分を追い詰めていないと良いが。
DF 平岡 0-1で勝っていればMVPだったと思う。
MF 村松 前半、ターンして大前に縦パスを出したシーンにはビックリした。成長を感じるシーン。
本拓 あの時間帯とあの場所でイエローカードをもらってはいけない。
FW 大前 相変わらずの名PKキッカーぶり。
高木 前2試合よりも好内容。同点シーンは仕方がない側面があると思う。今後の糧にしてくれれば。
ラドンチッチ イエローカードのシーンは相手選手が当たりにきた感もあったが、イエローカード出されても仕方が無いか。多分、Kリーグと腕の使い方に対するジャッジが違うのではないかと思う。早くJリーグに慣れて欲しい。