読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年シーズン第2節 清水エスパルス vs 横浜Fマリノス

ここを勝てば勢いに乗れる、そして去年の借りを返したいホーム開幕戦でしたが、結果は0-1と敗北に終わりました。

試合内容は、典型的なゴトビのチームの悪いパターンでした。前からのプレスがかからずDFラインへの裏へボールを供給され後手後手に回るというものでした。今の清水は、前からのプレスがかかるか否か、相手の時間をどこまで奪えるかがキーポイントですが、まったく駄目でした。逆に相手のプレスからこちらの時間を奪われ、しっかりと組み立てをすることもできませんでした。
相手のプレスが良い時に組み立てがうまくいかないのは仕方がないと思います。問題は守備でしょう。
第一には前線のプレス不足で、横浜はビルドアップ時に後ろに人数を割くのですが、それに対してどこからプレスに行くのかがはっきりしていませんでした。長沢とノヴァコヴィッチはCBを見るのか?ボランチを見るのか?二人の守備意識の問題もありますが、チームとして意思統一ができていなかったように思います。そしてプレスがかかっていないのにもかかわらず高いDFラインを保ってしまっているので(しかも凸凹してた)、蹂躙されても仕方が無いでしょう。

守備面以外でも長沢・ノヴァは良くないと思います。名古屋戦でそれぞれ1アシストと1ゴールを決めていますし、名古屋・横浜とJでも有数に高さに強いCBを有するチームと対戦したことも差し引く必要はあろうかと思いますが、最終局面以外での貢献が少なすぎると感じています。競り合いに強くないですし、足元得意という評のわりにビルドアップにも貢献していないのは不満です。特に長沢はボーダーライン上の選手なので、もっとガツガツとプレーして欲しいと思います。

勝利した名古屋戦も悪い時間帯は前線からの守備が機能していませんでした。次節はアウェイC大阪戦と強敵との対戦になりますが、なんとかそこらへんを修正して挑んで欲しいと思います。

短評
DF 吉田 軽率なプレーから先制点を献上、浩太の一枚目の警告も彼のミスからと、今日のワーストプレイヤー。向上心があってチャレンジしているのはわかるのだけれど、もう少しリスクを考えて欲しい。あと自分のところからボールロストして、相手選手を追わなかった49分のプレーは本当に良くないと思う。
デッキー 平面での強さと足元の上手さを見せた。今日の試合で唯一の収穫。
MF 浩太 1周間前に比べてコンディションは上がっており、特に前半は良いプレーを見せた。が、2枚目のイエローは…。
村松 前からプレスがかからないと彼の良さは半減。
本田 相変わらずコンディションは良くなさそう。次の一週間でなんとか改善してくれると良いのだが。
村田 本人にしてみれば不本意な出来だとは思うが、完全にではないにしろ流れを引き戻す。相手DFを2枚以上引きつけてくれるは助かる。
監督 ゴトビ 流石に今日の試合は監督のミスだと思う。