読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナビスコカップ2014 清水エスパルス vs ベガルタ仙台

最初にセレッソについて少々。心がへし折れそうな敗戦でした。開幕前に掲げられた開幕5試合で勝ち点10という目標が達成できなくなったこと、試合内容が芳しくなかったこと(同じような失点シーン・蹂躙された後半)などが主因なのでしょうか。今年の清水は上位を伺えるのではないかという期待、その期待は苦手の横浜FMC大阪戦で結果を残すことでより確かなものになるのではないかと思っていただけに、リーグ戦2試合の結果・内容はショッキングなものでした。

リーグ戦2連敗という空気の中で迎えたナビスコカップ仙台戦です。結果は圧勝でしたが、内容的にはそこまでの差が無いという、ちょっと言い過ぎですがセレッソ戦の逆パターンのような試合となりました。
結果を出せた原因は、多くの方が仰るように裏へのボールが多かったこと・純平の攻守に渡る動き出しが素晴らしかったことにあると思います。お陰で縦幅のある攻撃が出来ました。仙台の出来や六平・竹内への信頼もあるのでしょうが、縦幅があることでボランチの選手が前を向いてボールを持つシーンを数多く見ることが出来ました。余裕があるお陰で見ていて楽しいプレーが頻出しました。反面、前プレで上手くボールを奪えない時間帯は、攻撃的な選手を並べた弊害が出ました。
ただ欠点はあるにしろ、長沢・竹内だけではなく六平・善朗・純平、そしてキジェがレギュラー争いに割り込めることがわかったことはとてもポジティブな結果だったと思います。

今シーズン、ここまで観てきた印象では、このチームが機能する条件としては、

  1. 裏抜けにやられすぎないこと
  2. 前プレが機能すること
  3. 中盤で互角に持ち込むこと

この3つのうち2つ以上が満たされることなのかなと思っています(もっとうまく分析・言語化できるようになりたい)。殴り合いに持ち込めれば何とか出来るだけの前線のタレントが質・量ともにあると思います。

ところで、ここまでの今シーズン、イエローカードが激減しているのは何故なのでしょうね?いや、嬉しいのですが、ちょっと理由がわからないです。

短評
GK 櫛引 祝・シーズン初完封。このまま調子を上げて欲しいけど、来週は代表合宿なのね。3点目のシーンでアシストが付かなかったことに落胆するシーンが可愛いw
DF 吉田 一点目のアシストは痺れた。
河井 彼の適正ポジションは、やはりSBなのではと思う今日この頃。
キジェ 久々の登場だけれど良かったと思う。
MF 竹内 もっと自己主張をして欲しいと思うのは、彼は俯瞰でゲームを観れていると思うから。
六平 思ったより全然やれていた。CBの経験は無駄ではなかったね。
大前 エースの仕事。
善朗 このままコンディション上がったら、俊からポジション奪ってしまうのではないか。
金子 祝・デビュー。仙台のCKで、相手の動きに敏感に反応したシーンに、集中力や頭の回転の良さを感じた。
FW 長沢 祝・初ゴール。自信を積み上げていって欲しい。守備ではもう一歩追って欲しいし、ポジショニングに気を使って欲しい。意外と裏抜けが得意なのね。
純平 さすがのオフ・ザ・ボールとチェイシングでチームを活性化。若手は見習って欲しい。
ノヴァ セレッソ戦の玉乃の解説通り、危険な位置でノーマークになって、一回ワントラップして、ゴールする。ゴール前で別格に上手い。