読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年シーズン第12節 アルビレックス新潟 vs 清水エスパルス

まさかまさかの結末で3連敗、勝ち星的にも負け先行となり、しんどい状況です。

長沢不在後に色々と試行錯誤していますが、この試合の亜人夢1トップはその中でももっともしっくりくる感じがありました。献身的に動けること・スペースやギャップで受けられる選手の方がハマる気がします。彼のような選手がいれば落ち着いて試合を進められますし、後半、運動量が減ってオープンな展開になったら攻撃に特化した選手の投入というプランが成立しやすいと思います。

ただ連戦のダメージが大きいですね。後半始まってすぐに全体的に動きが重くなった印象を受けました。中でも違いを見せるべき大前とノヴァの二人が前半から際立って悪かったです。大前はこれまで物凄い運動量でチームを引っ張っていただけに反動が来たのかなという印象、ノヴァはもともと夏場に弱いなどスタミナ面で不安があった選手で、それぞれ致し方がない感があります。代役の選手がいない(一発のある彼らをピッチ上に残したかった)という判断なのでしょうし、仮にいたとしてもそこまでの総とっかえはできないという判断なのでしょう。決めるべきチャンスで決められないことも痛かったですが、彼らがボールを収めたり、1対1や1対2を制することによって、ボール運びやチャンスメイクをしていただけに苦しいですね。特に大前の場合は彼の運動量とクオリティが吉田の運動量とともにチーム戦術の軸となっていただけに辛いものがあります。

それらを加味しても特に前半は悪くなかったと思います。過去の新潟戦は相手のプレスにハマって、ショートカウンターを喰らい続けるという展開が多かったのですが、ロングボールを織り交ぜながら相手ゴール前までボールを運べていましたし、チャンスも作れていました。その中で先制点を取れなかったことが尾を引いた印象です。
早い時間に先制されてから同点に追いつくまでの鹿島戦と後半に先制されるまでの鳥栖戦と新潟戦は、内容的には厳しく見ても4対6ぐらいで清水がちょっと悪いというもので、五分に戦えていたと思うのです。ちょっとの運や一つのプレーで先制出来たと思います。ただ現実には3戦とも先制され負けています。先制されることは試合展開として厳しいのはもちろん、スタミナ面でも厳しい物があります。果たしてこれは偶然なのか必然なのか。ちょっと大胆さが欠けていたり、大事にしようという意識が強くなりすぎている気がします。ただ、それも今のやり方での実績が少ないためにチームに確信を持てないという面があると思うので致し方がないは致し方がないのですが…。

収穫は亜人夢のところと、廣井投入が結果を残せたことでしょう。少なくとも次の試合には亜人夢をもう一回試して欲しいです。効果に半信半疑だった廣井の投入もこれで一つのオプションとして認知されたのではないかと思われます。ただ同点弾の後、全体の意思統一とリスクマネジメントができていなかったことが悔やまれます。キャラは責められません(もっとも彼がヘディングも上手く強くなってくれればとても嬉しいですが)。

この状態で次節広島戦が今週末にあるのはキツイですが、可能な限り疲労回復に努めてもらって挑んで欲しいと思います。

短評
DF キャラ 近くにいればハグしてあげたい。オウンゴール以外は獅子奮迅の働き。数少ない連戦でコンディションが落ちていない組。
吉田 前節に引き続き途中交代。試行錯誤モードに入って、思い切りの良さが影を潜めている感。伏線として単純なクロスも織り交ぜても良いと思う。早く成功体験が欲しいところ。
MF 河井 数少ない連戦でコンディションが落ちていない組②。このままキレを維持して欲しい。
大前 普段抜けるところで抜けない。普段決められるところで決められない。一回休ませたいところだが、代わりがいない。
FW ノヴァ パスミスが多すぎた。
亜人夢 前半飛ばし気味に入った為、後半は存在感を失う。ただそれで良いと思う。
新潟 レオ・シルバ 単純なボール奪取能力にとどまらず、高い戦術眼と危険察知能力、誘いこむプレー…、引き出しが多すぎる。ただこういう選手が敵であっても同じリーグにいることは素晴しいこと。六平・竹内などは彼を目指して頑張って欲しい。