読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年シーズン第1節 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ

もちろん清水の勝利を願っていましたが、惨敗まであると思っていた開幕戦でした。昨シーズンの内容もさることながら、NYCやPSMを見てもただバラバラの11人がいるだけのようなチームで、こんなに期待がない開幕前というシーズンは始めてでした。良くなるとしても早くて5月以降、下手をすると2ndステージ以降、それまで士気を維持できるのか?失った勝ち点は挽回できるのか?開幕前なのにとにかく残留してくれればそれだけしかなかったです。
そんな感じでしたので2014年シーズンのまとめも今シーズンのこともネガティブなことしか思いつかず、そんなの文章にしても楽しくないなと悶々としていて、それでもNYCの内容から熱が感じられなくて怖くて怖くて書いたのが前のエントリーでした。

そして蓋を開けてみれば見事な勝利ですよ!鹿島がフルメンバーを揃えられなかったことは大きかったと思いますが、選手達がピッチで見せてくれたプレーは掛け値なしに素晴らしいものでした。熱がないなんてとんでもない。随所に気持ちが感じられるチームでした。

何が原因だったのでしょう?監督でしょうか?選手達でしょうか?会社組織の変更でしょうか?それとも満員の観客でしょうか?そのすべてがこの試合をもたらしたのかなと思います。
NYCではまったく組織が感じられず正直その手腕に疑問を覚えた大榎監督ですが、少なくともチームのメンタル面の改善に成功していると思います。ここ最近試合中の選手同士の会話が増えているのはとてもよい傾向だと思います。また、この試合で選手達が見せたテンションは、モチベートが上手くいったのだと思います。
昨シーズン後に最終戦の甲府戦のように球際に強く行こうと話していた選手達がNYCで見せたプレーぶりは非常に落胆しましたが、この試合ではまさに有言実行という感じでした。同点ゴール時の三浦や、犬飼の前足ブロック、八反田の強いプレーぶりは象徴的だったと思います。

素晴らしいスタートでしたが、大事なことはこの気迫・激しさを継続すること。継続できれば、残留は固いと思います。
改善点はたくさんあります。まだまだボール運びは拙いですし、得点シーン以外では最終局面の精度も低かったです。後半は運動量の低下とともに守備の圧力が激減していきました。勝ち負けを繰り返しながら改善していって欲しいと思います。

短評
GK 櫛引 シュートストップは悪くなかったけれど、キックの精度は残念なレベル。もっとも手近なパスコースがCBの2枚しかなくて、そこに相手が1枚ずつ付いているので、チームの問題とも言える。頑張れクッシー、頑張れ急造SB。
DF 三浦 1対1で金崎に後手を踏むのは致し方がないとしても、金崎に2本ヘディングシュートを許したのは頂けない。前半のCKからのカウンター食らった時に最後にマークを外したりと、ちょっと課題が多い出来。
ヤコビッチ 良くも悪くも飄々としたプレーぶりは今シーズンも健在。犬飼の前足ブロックのシーンではアピールを優先してしまった。
平岡 交代にはヒヤッとしたが、今シーズンも彼が守備の柱。安定していた。
犬飼 良いプレーと悪いプレーがはっきりわかれた印象。弦太もそうだが、頑張ってSBを努めて欲しい。
MF 本田 殊勲の勝ち越しゴール!攻撃では時間をつくり、守備では二列目の飛び出しによく付いて行っていた。
八反田 こんなに球際で頑張れる選手とは思ってもいなかった。今シーズンに賭ける意気込みが伝わってくる内容。そして先制点のアシスト。報われて良かったね~。
竹内 攻撃面では良さを出せず。守備で奮闘していたけれど、彼も今のポジションをものにするには大変そう。
村田 立ち上がりはボールが足についてない感じだったが徐々にアジャストして2アシスト。ドリブルだけではなく、クロスの質が高いのが本当に素晴らしいと思う。
FW 大前 2得点でエースの仕事を果たす。長沢と同様、守備でもチームを助けた。3点目はシュートそのものもゴラッソだけれど、村田に起点となるパスを出しておきながら、フィニッシュシーンに顔を出したのが素晴らしかった。
長沢 彼がシーズン通して活躍できるのかがチームの浮沈を握ると思う。守備、体を張ったプレー、スペースメイキングなどでチームに貢献。
デューク 思っていたより視野が広く、思っていたよりエゴイスティックではなかった。チャンスの一つ手前のプレーで輝く。残念ながら、聞いていたよりは守備を頑張らない印象。
番外 アイスタ なんであんなに滑るん?
審判団 決定的な誤審が複数回。彼らにインタビューできたり、彼らからもコメントが発信できるようになるといいなぁ。
チャンス数

とりあえず出来る限り集計していこうかと思います。

清水 鹿島
前半 後半 前半 後半
ルーパス 1
クロス 2 1 1 4
個人技
コンビネーション
ミドル&ロングシュート 1 4 1
ロングボール
セットプレー 1
その他